のぼうの城

和田竜さんの「のぼうの城」あっという間に読み終わりました・・・。


のぼうの城 上 (小学館文庫)のぼうの城 上 (小学館文庫)
(2010/10/06)
和田 竜

商品詳細を見る


のぼうの城 下 (小学館文庫)のぼうの城 下 (小学館文庫)
(2010/10/06)
和田 竜

商品詳細を見る


和田竜さんの小説を読んだのは、「忍びの国」に続いて2作目したが、両作とも映像が目に浮かぶような、エンターテイメント性にとんだ小説でした。

今の埼玉県行田市にあった「忍城」が舞台で、豊臣秀吉が北条攻めをする時、石田三成に命じて北条の支城である忍城を攻めさせた時の攻防を描いたものです。
城主の成田氏長が、北条小田原城に行った後、城代となった「のぼう」こと成田長親とその家臣たちが、三成の率いる数万の軍勢に立ち向かう・・・、という話です。

「のぼう」・・・って?と思ったのですが、「でくのぼう」の「のぼう」だそうで、長親は名将というより、ぼーっとした人だったらしい。
ぼーっとしながらも、領民からも慕われていて、それが決め手となり窮地を脱する・・・。
かっこいいヒーローではないけれど、なんか憎めない、そんなキャラクターです。

小説を読んで、ぜひ、映画も見てみたいと思いました・・・。
(もともと、小説にする前は、脚本として書いたものらしいので、「映像」としてもきっと見応えのあるものだと思います・・・)

映画については、まだ、公開されていません。
「水攻め」について描かれているので、震災で被災された方に配慮してとの事・・・。

2012年秋公開だそうです・・・。


テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

羅新

Author:羅新
メーカー勤務/デジタルもの好き/文具好き

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Counter
Counter